HAREMインテリアコラム|だいごの四方山コラム
腰痛とソファ。ソファでできる腰痛予防を考えてみました。

ソファー専門店 HAREM

ライフデザイナーだいご の 四方山コラム

インテリア、ライフスタイル、何気ない日常の気付きなんかをゆるーくコラムにしています。

コラム vol.13

腰痛とソファ。日本人の8割は腰痛持ちってご存じですか?

 腰痛が起こる理由

まず、腰痛が起こる原因は大体下記の3パターンによるものが多いと言われています。

・「筋肉へのストレス」
・「心因性」
・「内蔵疾患」

「心因性」「内蔵疾患」については、「専門の医療機関」で見てもらう事が一番ではないでしょうか。


 自分で行う腰痛予防

そうなると、自分でできる腰痛予防としては「筋肉へのストレス」をいかにして軽減するかという事になります。ここでは、ご自宅での行動で腰痛が起きる原因を考えてみました。

・洗い物、洗濯などの家事による「長時間の立ち仕事」
・パソコン操作、テレビゲームなど「長時間同じ姿勢を維持する行動」

どちらにも共通するのは、「長時間同じ姿勢を維持」することが腰痛を引き起こす原因となる事です。
ですので「予防」のためには、

・正しい姿勢を心がける。
・同じ作業をするときには、意識して何時間に一回か休憩をとって「ストレッチ」を行う。

といった事を行ってください。

そして、こと「ソファ」がご自宅にあって、そこが作業の中心の場にある方には「クッション」の活用がおすすめです。

最近は「低反発クッション」といった、腰痛予防に特化したクッションが発売されているのでこういうものを組み合わせる事で効果的な腰痛予防が行えます。

 腰痛になってしまった場合

あくまでここに話題にしているのは「予防」であり、実際に腰痛になってしまった場合、特に「ギックリ腰」や「ヘルニア」といった程度の重いものについては「整形外科」などの医療機関の受診を早急に行い、適切な指示を仰いでください。

ご自身でなんとかしようとすると、悪化する可能性が大きいです。

皆さんの大事な「腰」。日頃の生活で大事にしてあげてくださいね。



>> コラム vol.14 ピットリビングとローソファの相性について考える。